誘 導 加 熱 装 置 の 選 定

誘導加熱装置の選定方法はアプリケーションから選択する方法と機種から選定する方法があります。いずれにせよ高周波誘導加熱の性質を考えてターゲットの最適な機種を選択します。

誘導加熱の基本点的な原理、特性、電力計算法は こちら を参照してください。また各種材質特性等は各種文献を参考にしてください。

下記に大まかな選定方法を記しますが、実際にはテストトライにより確認してその結果により決定することになります。弊社では無料テストトライを行っておりますので、仕様確認書(pdf)  にご記入の上お問い合わせください。

 アプリケーションから選定

アプリケーションから選択するには、まず加熱ターゲットの形状、大きさ、厚み、加熱箇所、材質、加熱時間、加熱温度等を確認します。これらの情報により誘導加熱装置の周波数帯と出力を選定します。

高周波誘導加熱の基本的な性質として、周波数により高周波電流の流れ方、つまり加熱体積が変わります。周波数が高いほど表面部加熱、低いほど浸透加熱となり(表皮効果)焼き入れ用途にはこれを考慮します。しかし無垢の塊で無くパイプ状のものであれば、少し高い周波数でもかえって加熱時間が短縮されます。このように形状によっては機種選択の幅が広がります。ロー付け、ハンダ付けの場合は形状により、いろんな周波数機種が選択可能です。

材質による選定は機器の出力マッチングに関係しますので、機種選択後に機器側で調整します。加熱温度は加熱対象の大きさにもよりますが、加熱箇所が大きいほど、材質が非鉄金属であればカーボン鉄系に比べより大きな出力が必要とされます。弊社 アプリケーション例 も参考にしてください。溶解用途は誘導加熱溶解装置をご覧ください。

 

形状

大きさ

厚み

加熱箇所

材質

加熱時間

加熱温度

周波数

電源出力

無垢形状

大きい

分厚い

大きい

マッチングによる

時間がかかりやすい

材質、出力による

30〜80KHz

比較的大きい

パイプ状

マッチングによる

材質、出力による

100KHz

小物

薄い

マッチングによる

薄物小物は速い

材質、出力による

200KHz

小エリア

薄い

マッチングによる

薄物小物は速い

材質、出力による

400KHz

比較的小さい

小エリア、局所

1-5mm角

薄い

マッチングによる

薄物小物は速い

材質、出力による

900KHz

比較的小さい

局所

1mm角

薄い

小さい

マッチングによる

薄物小物は速い

材質、出力による

1800KHz

比較的小さい

 

 機種から選定

 

周波数

電源出力

機         種

30〜50KHz

6KW,12KW,24KW,48KW

パワーキューブ50 /90, /180, /360, /720

30〜80KH

25KW,50KW,100KW

SA80 /25 , /50, /100

40〜100KHz

12KW

TS-100/12H

200KHz

6KW,12KW,24KW,48KW

パワーキューブ200 /90, /180, /360, /720

400KHz

2.8KW,3.5KW,5.6KW

パワーキューブ400 /28, /35, /56, /90

900KHz

2.8KW,3.5KW,5.6KW.6KW

パワーキューブ900 /28, /35, /56, /90

1800KHz

2.8KW

パワーキューブ1800 /28

 

カタログ

E-MAIL

問い合わせ

HOME


(C) Copyright 1999- S. A. JAPAN INC . All rights reserved